青汁で便秘になるってほんと?

青汁で便秘になるってほんと?

青汁は栄養が豊富で、継続して飲む事によって肌がきれいになったり、代謝が高まってダイエットに効果を発揮したりというように美容においても注目の存在です。
しかし青汁を飲む事で便秘になるという人も稀にいます。
これには2つの理由が考えられます。

 

まず一つは溶かす水の温度です。
最近の商品は粉末になっていて飲み物に溶かすというタイプのものが主流ですが、その飲み物が冷たすぎると身体を冷やしてしまいます。
身体が冷えれば全身の巡りが悪くなるので代謝不良になって結果的に便秘となる場合があります。
よほど暑い季節ではない限り、青汁は常温の水や冷やしすぎない水で飲むのがポイントです。

 

もうひとつの理由は、好転反応です。
普段栄養を摂取していない人が突然これだけ栄養豊富なものを飲み始めて継続すると、悪いものが一気に出るという好転反応を起こす事があります。
例えば肌荒れの人は余計肌が荒れたり、便秘であれば一時的に便秘が酷くなったりという事です。
これは一定の期間が経過すると緩和して身体が生まれ変わりますから、根気強く継続する事が大切です。

 

いずれにしても青汁の成分が原因で便秘になるという事はありませんから安心して飲んで良いでしょう。